すほた。

Preface of "The Restaurant of Many Orders"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君たちの笑顔が僕を強くする

 

昨日は我が家の姉弟が通う保育園の大運動会がありました。

unndoukai

 

 

 

 






9月の初めから残暑が厳しい炎天下の中で、練習に練習を重ねてきた成果が見事に発揮できましたね。

かけっこ、ダンス、和太鼓に鼓笛パレード、とても素敵でしたよ。うん。

かけっこでころんでしまったおともだちも、ダンスが恥ずかしくて泣き出してしまったおともだちも、みんなほんとうによく頑張りましたね。

だから今日はみんなが一等賞ですよ。

素晴らしい演技を見せてくれてありがとう。

 

 

園児ひとりひとりに「がんばれーっ!!」とお声を掛けていらっしゃった園長先生、ならびに各演競技をご指導してくださった先生方の日々の努力のおかげで、子供たちが立派に成長していることを実感することができました。

親としてこれ以上の喜びはございません。

心より感謝の意を申し上げます。

 

 


君たちの笑顔が消えることのないよう

 

永久の平和を強く願う

平和















漱石の世界

 


先日、義母からこんな有難いプレゼントを頂戴した。

そうせき

 

 

 

 

 

 

 







昭和41年5月発刊 夏目漱石作品集 全十巻


かなりの年代モノであることは、カバーの東京大学三四郎池の写真からして間違いない。


年代モノであるが故、全十巻中、第三巻と第六巻が紛失していることは少々痛いのだが


それにしても有難い頂き物だと心底そう思った。

 

さらにさらに

漱石

 


 

 

 

 

 






美しい旧かなづかいで描かれている明治浪漫にうっとり・・・

 

日本語の美しさを思う存分に堪能できる素晴らしい書籍である。


最高の宝物を手にした気分です。

 

「グレートギャツビィ」を三回読む男なら俺と友だちになれそうだな

 

僕はよく本を読むほうだと思うが、沢山本を読むという種類の読書家ではなく、気に入った本を何度も読み返すことを好んでいる。


だからいつまでたっても閉鎖的で同じ考え方しかできないのかもなぁ・・・


村上春樹、辻仁成、夏目漱石が僕の中の御三家である。

 

秋の夜長

 

本を読むってやはりいいもんですね。

 







お子様のゴールデンタイム

 

日曜日の朝7時から9時までの2時間。

 

7:00 恐竜キング

7:30 ゲキレンジャー

8:00 仮面ライダー電王

8:30 プリキュア5

 

我が家では子供たちのゴールデンタイム化としている。

 

僕は基本的にTVは見ないのだが、世の中の1週間の流れを確認する上でサンデーモーニングだけは見ておきたいと思う。(この行為がすでにオヤジ化しているんだね)

 

だが、そんな細やかな願いも子供たちに一蹴されてしまう。

少しでもチャンネルを変えようもんなら、子供たちから大ブーイングの嵐。

ようやくプリキュア5が終わり、チャンネルを変えようとすると

 

「まだ歌が終わってない!!」と・・・

 

 

東京ドームでの二岡のホームラン(彼のホームランはコスれた当たりがいつもライトスタンドの最前列に入る)ばりのセコさにお父さんは完全脱帽です、ハイ・・・

 

 

放っておいても物事は流れるべき方向に流れるし、どれだけベストを尽くしても人は傷つくときは傷つく

晋ちゃんの辞任

 

そりゃないでしょ、ってカンジです。。

 

 

内閣改造をしておきながら


所信表明演説までやっておきながら


強い決意表明までしておきながら

 

 

 

全てを投げ出してしまった晋三クン

 

 

 

 

 

参議院選挙での歴史的惨敗や

 

彼を取り巻く閣僚による数々の大失言、事務所費問題、、年金不信問題、農水大臣辞任、政治資金問題による内閣支持率の低迷


さらにテロ特別措置法よる自衛隊のインド洋沖海上給油支援活動の継続を強く希望するアメリカからの圧力が相当なものだったのではないかとも推測でき

 


心身ともに疲労の極限にあったと思いますが

 

 

投げたら終わりです。。

 


我々庶民は

 


あなた以上に辛い毎日を送っていることをお忘れではありませんか?

 

 

自宅や後援会事務所が近くにあるので

 

個人的には応援してあげたかったのですが

 

 


やはりキミには少々荷が重かったか・・・

 


おつかれさまと言ってあげたいのですが

 

辞め方が辞め方なだけに

 


そんな気持ちにはなれないですね。

 







死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

 

先日、同級生二人がすでにこの世に存在していないことを知った。

 

一人は自殺。

 

多少いじめられていたが、いいヤツだった。

 

動機はわからない。

 

野村秀一  享年 34

 

 

 

もう一人は交通事故。

 

中学1年のときに同じクラスだった。

 

多感な年頃故に話したことはなかったが、

 

色白で笑顔が素敵でとても可愛かった。

 

個人的にはクラスの女子の中では一番だったと思う。

 

高校1年の夏に交通事故で亡くなったと・・・

 

20年たった今、初めて知った。

 

 

安藤恵子  享年 15

 

 

 

お二人とも

 

 

どうぞ安らかにお眠りください。

 








Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。